サイト内検索ブログ

無料で使えるサイト内検索ツール特集|導入方法や有料ツールとの違い

使えるサイト内検索

サイト内検索とは?

サイト内検索とは、Webサイトを訪問したユーザが、目的の商品やコンテンツを検索する機能のことです。キーワードやカテゴリから、Webサイト上の情報を即座に見つけられるため、ユーザビリティやCVRの向上に必要不可欠な機能といえます。

サイト内検索を導入するメリット

Webサイトにサイト内検索を導入すれば、利便性の向上など訪問ユーザに多くのメリットがあります。ユーザのサイトに対する満足度が上がれば、サイト内の回遊率やCVRの向上も期待できます。
まずはサイト内検索を導入することで得られる主なメリットについてご紹介します。

ユーザが欲しい情報を素早く見つけられる

サイト内検索を導入することで、ユーザは目的のページに即座に到達できるようになります。
サイト内検索が設置されていない場合、ユーザは多くのページの中から目的の情報を探さなければなりません。もし情報が見つけられなければ、ユーザはサイトから離脱してしまい、機会損失につながります。

検索ワードをもとにユーザのニーズを把握できる

検索されたキーワードは、分析ツールの管理画面で確認できます。ここで得られる検索キーワードは、目的を持ってサイトを訪れたユーザが能動的に探した情報がわかる「ユーザニーズ」そのものです。ニーズを正しく把握することで、サイト内のコンテンツを調整するなど今後の戦略に活用できます。

売上やCV増加に貢献

ユーザが目的のページに到達しやすくなれば、問い合わせや商品購入などのCV増加が期待できます。ECサイトでは売上増加に直結します。サイト内検索だけでなく、関連ページや関連商品の情報を表示させるなどの施策を組み合わせるとより効果的です。


▼コンバージョンにつなげるEC特化のサイト内検索サービスはこちら▼

資料を無料ダウンロード

無料で使えるサイト内検索ツール

サイト内検索は無料で設置できるツールが数多く提供されています。無料、有料ツールを比較し、自社に適したツールを選択することが大切です。
特にECサイトと企業のコーポレートサイトなどでは、必要となる検索機能が異なるため注意が必要です。
ここからご紹介する無料ツールは、基本的に全てECサイト以外のコーポレートサイトなどの企業サイト向けの検索ツールです。
ECサイト向けの検索機能について知りたい方は「【ECサイトシステムの場合】ECシステムに標準搭載の検索ツールを使う」をご覧ください。

Googleカスタム検索エンジン

Googleカスタム検索エンジンは、Googleが提供するサイト内検索ツールです。
サイト内検索で必要となる基本的な機能を無料で利用でき、Googleアドセンスと連携して広告収益を得ることも可能です。デザインや設定など細かなカスタマイズにも対応しています。

Googleカスタム検索エンジンの設置方法は下記の通りです。
1:「新しい検索エンジン」を選択
2: 設置するサイトのURL・言語を選択
3: 管理するための検索エンジン名を設定
4:「作成」のボタンを選択して完了
設置作業は非常に簡単なので、初めて利用する方でも問題なく設定できます。

オープンソース全文検索サーバー Fess

Fessは「5分で簡単に構築可能」をコンセプトに提供されている全文検索サーバーです。
特徴は簡単に検索サーバを構築できること。無料で利用でき、サイトに組み込むためのJavaScriptも提供しています。またオープンリソースとして公開されており、用途や目的に応じてカスタマイズできる設計になっている点も魅力のひとつです。

Unicode版msearch

Unicode版msearchは、Webサイトにサイト内検索を設置するためのウェブアプリケーションです。無料で多種多様な設定やカスタマイズが可能なです。
検索対象とするディレクトリを指定でき、ガラケー・スマホ・タブレット・PCなど多彩な端末に対応しています。日本語を含む世界中の多言語に対応しており、海外向けのサイトでも活用できるサイト内検索ツールです。

JiroSearch

JiroSearchの特徴はインストール後、複雑な設定が不要ですぐに利用できることです。また、検索対象ファイルの自動更新も可能です。
その他にもタグでの検索が可能で、サイト内で検索されたキーワードの保存もできる設計になっています。必要に応じて検索ロジックの追加も可能です。CSSファイルを編集することで検索結果ページのデザインも変更できます。

【WordPressの場合】標準の検索ツールやプラグインを導入

自社サイトをWordPressで構築している場合は、標準の検索ツールやプラグインでサイト内検索を導入できます。サイト内検索プラグインは数多く提供されているので、目的に合った機能を備えたプラグインを選びましょう。

WordPressでプラグインを導入する方法は下記の通りです。
1:管理画面よりプラグインを選択
2:新規追加を選択
3:検索枠にプラグイン名を入力して検索
4:今すぐインストールを選択
5:有効化を選択して完了
詳細な機能はプラグインによって異なるため、事前に調べておきましょう。

【ECサイトの場合】ECシステムに標準搭載の検索ツールを使う

ECサイトで無料のサイト内検索機能を利用したい場合は、ECシステムに標準搭載されている検索機能を使うという選択肢があります。
ECシステムに標準搭載された検索では精度や機能が十分でない場合、ECサイトに特化した有料ツールを検討するとよいでしょう。無料ツールでは実現できなかった便利な機能が豊富に揃えられています。
後ほど、おすすめの有料ツールについても解説しますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

無料ツールと有料ツールの違いとは?

サイト内検索ツールには無料と有料の製品があります。
無料のサイト内検索ツールは、運用コストだけでなくメンテナンスなどの管理コストも不要な点が魅力です。基本的な機能だけであれば、無料ツールでも事足りるケースも多いでしょう。
しかし、無料ツールの場合、意図しない検索結果が表示されたり、更新情報の反映が遅かったりするなどのデメリットが生じる可能性も高くなります。
サイト内検索をユーザビリティの向上だけでなく、売上やCVに貢献させていきたいのであれば、柔軟なカスタマイズができる有料ツールの導入を検討する必要があります。

おすすめの有料サイト内検索ツールは?

サイト内検索の有料ツールも、さまざまな製品が提供されています。
当記事がおすすめするツールは「ポップリンク」「ポップファインド」「probo」の3つです。それぞれの特徴や魅力について詳しく解説いたします。

ECサイトには「ポップリンク」「ポップファインド」

無料ツールでは対応が難しいECサイトには、ECサイトに特化した画像付き検索サジェストツール「ポップリンク」とECサイト向け商品検索ツール「ポップファインド」が最適です。

・画像付き検索サジェストツール「ポップリンク」
ポップリンクはサイト内検索で入力されたキーワードと商品情報ページを瞬時に連携させるナビゲーションツールです。指定のタグを貼り付けるだけで導入できるので、既存サイトへの設置も簡単ですぐに利用できます。
ポップリンクでは検索窓にキーワードが入力されると、自動的に候補となる語句を表示し、さらに商品ページへのリンクを画像付きで表示します。ユーザは検索窓上で目的の商品を簡単に見つけられ、そのまま購入行動に移ることができるため、離脱防止やCVR向上に効果的です。
また、キーワードが入力された時点で候補語を表示するので、離脱の要因となる「検索結果0件」を防止できます。商品情報の更新に合わせてポップリンクのデータベースをリアルタイム更新できるため、いつでも最新の状態で運用が可能です。

・ECサイト向け商品検索ツール「ポップファインド」
ポップファインドはECサイトに特化したサイト内検索ツールです。JavaScriptタグの設置とCSSのカスタマイズのみで簡単に利用できます。
PCはもちろんスマートフォンのUIにも対応しており、タップによる商品情報の詳細な絞り込み検索なども行いやすいUIとなっています。
オプションを活用すれば、検索結果ページ上で、チェックしたい商品を比較表示できるようになり、ユーザは価格・デザイン・評価などを見比べながら購入を検討できます。ポップリンクとの併用でさらにユーザビリティを向上させることが可能です。

コーポレートサイトには「probo(プロボ)」

proboはコーポレートサイトに最適なサイト内検索ASPサービスです。サイト内検索キーワードに応じて、検索結果の表示順位調整や絞り込み、検索キーワードの補完ができるなど、無料ツールの課題を解消する機能を搭載しています。
柔軟なカスタマイズが可能で、独自ドメインの検索結果ページを持つことができます。また、1つの企業サイトだけではなく、複数サイトの横断検索や、FAQコンテンツ、外部サイトの情報をマッシュアップして検索結果に表示できます。
日本語・英語をはじめ、中国語・韓国語・フランス語・スペイン語・ロシア語など、世界各国の多言語での検索にも対応しています。
proboの検索窓をコーポレートサイトに設置するだけで導入できるため、サーバなどを用意する必要がありません。申し込みから導入までの期間が非常に短い点は同サービスの魅力といえるでしょう。


▼コンバージョンにつなげるEC特化のサイト内検索サービスはこちら▼

資料を無料ダウンロード

まとめ

サイト内検索はユーザビリティ向上に必要不可欠な機能です。無料・有料とそれぞれの魅力はありますが、自社サイトにあった導線を実現して売上やCVなどの成果に貢献させていくのであれば、有料ツールの利用をおすすめします。
無料の検索ツールからの一歩進んだサイト改善を目指したい方は、有料ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


TOP