サイト内検索ブログ

ランキング機能でCVRが改善!?ECサイトで利用するメリットとは


ランキング

Webサイトに掲載することでコンバージョンに大きく影響するコンテンツがランキングです。

ランキング機能を使ったサイトデザインは、Webサイトだけでなく、テレビや新聞、本といったあらゆるメディアで扱われ、「ランキングを参考に商品を買った」「今人気の映画を見に行った」「旅行サイトで話題の場所を訪れた」という経験がある方も多いでしょう。

とりわけECサイトのデザインにおいては、ランキングコンテンツがさまざまな形で多用されています。商品のバリエーションやが多く、実際の購入行動を伴うサービスとの親和性が高いこともランキングコンテンツの特徴です。

今回は、Webサイトにおけるランキングコンテンツの役割と効果、活用方法にふれたいと思います。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

目次

大手ECサイトもランキング機能を設置

大手ECサイトもランキング機能を設置

ECサイトにおけるランキング機能は、「多くのユーザの目を惹く効果的なサイトデザイン」と言えます。

なぜなら、気になっている商品や購入を検討している商品の人気度を可視化することで、安心感を提供し購入の後押しが期待できるからです。

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングといった大手ECサイトにおいても、当然のようにランキング形式のサイトデザインが使用されています。

これには、膨大な商品群からランキング形式で事前に選択肢を絞ることで、ユーザビリティの向上に繋げているという側面もあります。

ランキング機能はECサイトだけではなく、商品を販売する幅広い分野で活用されています。

それだけ効果が高く、ユーザにとってもメリットの大きなコンテンツなのです。

ランキングコンテンツの有用性と導入事例

ランキングコンテンツの有用性と導入事例

ランキング機能がECサイトのコンテンツとして用いられる理由の一つとして、商品の購入が促進されるといったメリットがあります。

ここでは、実際のランキングコンテンツ導入例をもとに、EC サイトデザインにおける効果を紹介します。

ランキング機能も活用してコンバージョン率が2.6倍増!?

某ECサイトのユーザ全体とランキング利用者を比較したところ、直帰率が約1/3、1セッションあたりのページビューが約2.4倍、コンバージョン率が2.6倍と、ランキング利用者の優位性が高いという結果が出ています。(※ビジネスサーチテクノロジ調べ)

さらに、売上では、ランキングコンテンツの利用者はサイト全体のユーザの約27%程度であるにも関わらず、サイト全体の50%以上の売上がランキング経由となっていました。

このことから、ランキングコンテンツの活用は、Webサイトの直帰率の改善や回遊促進、コンバージョン率の向上に効果的であると言えます。

このようにランキング機能の活用はECサイト運営において、非常に重要な要素となっています。

また、適切なサービスを選択することで、運用が煩雑になりがちなランキング機能の活用をより効率化することができます。

例えばECサイト向けの商品検索サービスである「GENIEE SEARCH for EC」は、大小問わず多くの企業に導入されている実績があります。

「GENIEE SEARCH for EC」のスタンダードプランにGA(Google Analytics)連携オプションを付加するとランキング機能を使用することができます。

ランキングのほかにも、商品検索の課題解決はもちろん、ニーズに的確にマッチしたサイトデザインの構築など、さまざまなサポートを活用できます。

以下サイトにて、ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

ランキングコンテンツはなぜ購買につながるのか?

ランキングコンテンツはなぜ購買につながるのか?

ランキングコンテンツが購買に繋がりやすい理由は、ECサイトでの商品購入までの心理を利用者の視点に立って考えると見えてきます。

ランキング機能は、ユーザの選択肢を絞ってくれるコンテンツです。

先にも述べた、商品のバリエーションやが多いECサイトにおいて、「商品ラインナップを把握しやすく」「カテゴリや価格などの条件を踏まえて」「人気のものを優先的に」見せることで、ユーザの「商品を探して選ぶ」行動を手助けしてくれます。

「買い物は面倒」というストレスの解消

通常、商品が多いほど探す手間や選択の回数が増えるため、ある程度以上の商品点数を目の前にすると、人は買い物を面倒と感じやすくなります。

日経ビジネスが行なった消費者の意識の調査では、”2人に1人は、買い物をしていて「選ぶのが面倒」と感じている”そうです。(https://business.nikkei.com/atcl/NBD/15/special/072500725/ 「『買い物ストレス』 消費者の重荷に」より引用)

この消費行動の面倒さを解決してくれるコンテンツがランキング機能です。買うべき商品をピックアップし目星をつけてあげることで、ユーザの購入を大きく後押しします。

また、単に選択する商品数を減らすのではなく、ショッピングに欠かせない適度な選択の楽しさを残した陳列棚をデザインする役割も担ってくれます。

失敗を避けたいとする不安の解消

商品購入を妨げる要因として「失敗したくない」という不安があります。

本当にこの商品を選んで良いのだろうか?買った後で後悔しないだろうか?というユーザの気持ちを購買へと後押ししてくれるのが、「みんなが選んでいる」という安心感です。

いわゆる、“人気のあるものは良いもの”と思い込む「バンドワゴン効果」や、クチコミやレビューなどの「ウインザー効果」がこれにあたります。

人気商品のランキングに代表されるように、ランキングは第三者の”人気や評価”を提示することでユーザのマッチングリスク(失敗したくない)意識を解消する非常に有効なコンテンツなのです。

このように、商品把握のしやすさ、商品選択のしやすさ、商品購入の不安解消をECサイトのデザインによって誘導することで、ユーザはランキングコンテンツを介して購買に至りやすくなると考えられます。

ランキングコンテンツを活用するさまざまなメリット

ランキングコンテンツを活用するさまざまなメリット

ECサイトのデザインによる購買の促進以外にも、ランキングコンテンツの活用には次のような多くのメリットがあります。

ECサイトで購買を促進する以外にも、さまざまなコンテンツでランキング機能を活用するメリットがあります。

商品ラインナップを表示して気づきを与える

商品点数が多いECサイトでも、ランキング機能をうまく活用することで売りたい商品や主なラインナップの傾向をユーザにわかりやすく並べることができます。

さらに商品全体の露出が増えることで、ユーザに新たな商品への気づきを提供します。

また、ランキング機能には以下の2つの効果も期待できます。

  • 初めて購入する商品に対して安心感を得る
  • 知らない商品との出会いを創出する

このように、顧客にとってもメリットの多い機能です。

クチコミ・レビュー情報でユーザの購入を後押し

ランキングによる総体的な人気と、購入を後押しするレビューを合わせることで、ユーザの選択から購入までのスムーズな流れをつくれます。

加えて多くのレビューが集まる商品には安心感が生まれ、購入の最終判断を後押しする強いきっかけとなります。

​株式会社KDDIエボルバの調査によると、『口コミは、購入決定にどの程度影響しますか』の問いに対して、全体の50.6%が影響すると回答しています。

ECサイトに掲載されている商品の多くは、手に取って見ることができないため、ユーザは実際に購入している方のクチコミやレビューを見て購入を判断する傾向にあります。クチコミやレビューは購入を後押しする重要なコンテンツです。(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000019180.html PR Times「EC・通販ユーザー動向調査レポート2021確報版」より引用)

記事コンテンツへの興味喚起が可能

記事コンテンツは、一目でどのような内容であるかがわかりにくいため、月間・週間の人気記事、カテゴリ別でよく読まれている記事といったランキングコンテンツを作成することで、記事の閲覧を促進します。

特集ページやランディングページ(LP)を手軽に作成

カテゴリなどの条件で絞った商品の見せ方で、特集ページやランディングページを作ることができます。

一例をあげると、マンションなどは地域、レビュー、間取り、築年数など選択の基準となる項目が多数存在しています。そのようなケースにおいて、ランキング機能を活用することで地域やレビュー数といった項目からランキング形式でまとめた特集ページを容易に作成することができます。

これはユーザビリティの向上にも繋がり、運営者にとっても販売の可能性が大きく上がるというメリットを持っています。

ランディングページはホームページと違い、1ページに購入してもらいたい商品だけに絞り情報を伝えるページになります。

ホームページは複数の情報が掲載されていることが多いため、ユーザは欲しい情報を探すまでに手間がかかります。そのため、特集ページやランディングページなどの販売したい商品に特化したページを作ることで、コンバージョンに大きく影響します。

カテゴリを複数軸を使ったランキングの作成

複数の項目を組み合わせたランキングコンテンツを作成することで、自社のターゲットユーザに最適な切り口で商品を見せることができます。

<ランキング軸の例>
人気(売れ筋)/レビュー/アクセス数/おすすめ/新着/商品カテゴリ/日付(期間)/サイズ/価格/スペック など…

ランキング機能のメリットを引き出す運用方法

ランキング機能のメリットを引き出す運用方法

ランキング機能のメリットを最大限に活かすためには、掲載する情報の管理やピックアップ商品の見直し、更新などを定期的に行い、常に鮮度を高く保つ必要があります。

また、トレンドに合ったランキングの切り口や見せ方も必要です。

カテゴリーで絞るだけの単調なランキングではなく、売上や人気、期間、キーワードなどの要素を組み合わせた多軸のランキングで、ユーザの興味を引く「見たい」コンテンツ、サイトデザインにしていくことも購買促進や集客効果をだすためには欠かせません。

複数の階層やカテゴリに分散する商品を選定して手動で並べかえる、といったメンテナンスや多軸のランキングの実装にはある程度の手間がかかります。

CVRが2.6倍増の実績を持つGENIEE SEARCH for ECとは?

GENIEE SEARCH for ECとは「Webサイトの検索結果をそれぞれのユーザの目的に合わせて最適化するサイト内検索サービス」です。

複数の機能を短時間で実装可能であり、的確な情報を使用したサイトデザインによるユーザビリティやCVRの向上に大きく貢献します。

ランキング機能は、GENIEE SEARCH for ECのスタンダードプランでGA連携オプションを付加すると使用できる機能ですが、サイト内検索の最適化とランキング機能の付加でCVRが2.6倍増加した実績があります。

GENIEE SEARCH for ECでランキング機能を活用したい方は、次のサービス詳細情報をご確認ください。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

サイト内検索ノウハウのオススメ記事


ENIEE SEARCH編集部

GENIEE SEARCH編集部
(X:@BST_hoshiko

ECサイトや企業サイトにおける快適なユーザ体験を実現するための導線改善方法から、ECマーケティングの手法まで幅広く情報を発信しています。

新着事例

プロサリッチ株式会社様

資料ダウンロード

いいね!で最新情報を受け取る

TOP