BST ブログ

Google Site Search終了~新たなサイト内検索の方法とは~

「Google Site Search」のサービス終了後の流れ

Googleは、企業向けに有料で提供していたサイト内検索サービス「Google Site Search(GSS)」のサービス提供を2018年3月31日で終了しました。これに伴い、「GSS」を利用していたWebサイトでは、利用契約の期間が終了した後は自動的に無料版の「Google カスタム検索」にサービス移行されることとなりました。

「Google カスタム検索」は、無償でサイト内検索機能を利用できる一方で、検索結果画面に検索連動型広告Googleのロゴが表示されるようになります
(※非営利団体・学校の利用については非表示が可能です)

検索結果の「広告表示」のデメリット

GSSの終了後、自動移行した「Google カスタム検索」の代替サービスを検討する企業が多くなっています。その原因の一つとして、Googleのロゴや広告の表示があります。

「Google カスタム検索」では、検索窓にGoogleのロゴが表示されるほか、検索結果内に検索キーワードと関連した他社の広告が表示されます。これは、自社のブランド毀損につながるだけでなく、せっかく自社サイトで情報を探していた利用者がサイト内検索後に広告から離脱する原因となります。さらには、離脱先が広告出稿を行なっている競合他社のサイトである場合も少なくありません。
また、スマートフォンで表示した場合には、設定によっては画面のほとんどを広告が占めることでユーザの利便性を損なう恐れがあります。

検索窓のプレースホルダーに「Google カスタム検索」の表示

検索結果画面の上部を占める他社の広告

こうした理由等から、広告表示のない代替サービスが着目されています。では、サイト内検索サービスを検討する場合にはどのような点に気をつけるべきでしょうか?

サイト内検索「代替サービス」の選び方

無料なら「Yahoo!検索 カスタムサーチ」

「Google カスタム検索」の代替サービスとして注目されているのが、無料で広告非表示が可能な「Yahoo!検索 カスタムサーチ」です。「Googleカスタム検索」と同様に、サイトのデザインや検索対象などの条件を指定して、オリジナルの検索窓や、検索結果ページを作成することができます。基本的な検索機能を広告表示させずに使いたいというニーズで注目されています。「Googleカスタム検索」と異なる点として、レスポンシブデザインには非対応ですので、スマートフォンでの閲覧やインライン表示をする場合には注意が必要です。

有料サービスの選定では

有料のサービスのメリットとして、やはり検索機能の本領である“ユーザの利便性を追求したナビゲーション”のための機能が豊富に備わっている点です。
例えばASPサービスの「probo(プロボ)」では、基本の検索機能の他にも検索キーワードに応じたおすすめ情報の表示や、検索キーワード入力を行う際の候補後のサジェスト機能、「もしかして」を表示するスペルチェック機能、カテゴリやファイルによる検索対象の絞り込み機能などの豊富なオプション機能が利用できるため、Webサイトに合わせた機能実装でユーザの目的達成を助けることで、コンバージョンに至りやすくなります。

また、管理画面から検索ログの確認や類義語・関連語等の辞書登録を行うことで、ユーザの検索利用状況に合わせた検索結果の最適化が可能です。
このほか、SSL化対策の一環として検索結果ページを自社ドメインで表示できる点も注目されています。

probo・Googleカスタム検索エンジン・Yahoo!カスタムサーチの比較

サービス probo Google カスタム検索 Yahoo!カスタムサーチ
広告の非表示 ×
クレジット表記の非表示 × ×
デザインのカスタマイズ
対象ドメイン指定 ○(5ドメイン)
除外ドメイン指定 ○(5ドメイン)
ページへのiframe組込
対象言語指定
除外キーワードの設定 ×
類義語指定 ×
サムネイル表示
レスポンシブデザイン ×
検索結果 XML フィード(独自の UI による検索結果のデザイン) × ×
クローラのカスタマイズ × ×
XMLサイトマップでのインデックス登録 ×
個別インデックス削除 × ×
特定の結果表示(おすすめリンク) ×

導入の手軽さ、機能性、運用面のバランスで選択

GSS、および「Google カスタム検索」からの移行を行う際に重要なことは、Webサイトの運用を妨げないスムーズな移行を行うことと、サイト内検索利用の目的であるナビゲーションの改善を継続的に行えることです。自社のサイト運用状況に合わせて、下記の要件を検討してみてください。

  • 導入の手軽さ:システム改修等の手間がなく、手軽で安全性の高い導入が可能
  • ユーザビリティ:サイト内のナビゲーションを最適化できる
  • モバイル対応:レスポンシブデザインや、スマートフォン向けの検索UIに対応している
  • 拡張性:Webサイトの継続した改善に対応できる拡張性の高いサービスである
  • 自社ドメイン表示:WebサイトのブランディングやSSL化対応が可能

お得なプランでサイト内検索を乗り換え

proboでは通常のサービスプランのほかに、GSSからの移行を対象としたサイト内検索の乗り換えプランを利用することができます。
BSTのサイト内検索「probo(プロボ)」の手軽なプランはこちらです。

「probo」Google Site Searchマイグレーションプラン

関連サービス

サイト内検索サービス「probo(プロボ)」
ECサイト内検索サービス「probo EC(プロボ イーシー)」


新着事例

資料ダウンロード

カテゴリ

いいね!で最新情報を受け取る

TOP