サイト内検索ブログ

サイト内検索の改善はECサイトの売上向上につながる

サイト内検索の改善はECサイトの売上向上につながる

サイト内検索とは、ユーザがキーワードを入力することで、サイト内の欲しい情報を見つけられる機能です。特に、商品ページ数が多くなりがちなECサイトでは、サイト内検索機能の有無がサイトの利便性や売上を大きく左右します。
ECサイトにサイト内検索を設置することで、ユーザは目的の商品ページに迷わず辿り着け、欲しい商品をスムーズに購入できるようになります。もしECサイトにサイト内検索が設置されていなければ、目的の商品を見つけられずにユーザが離脱するなど、企業側の機会損失に直結してしまいます。
ECサイトにおいて、サイト内検索は売上向上に欠かせない重要な機能のひとつなのです。

ECサイトでサイト内検索を利用する方法は?

サイト内検索を利用する主な方法は「ECサイト構築システムに標準搭載のサイト内検索機能を使う」か「外部のサイト内検索ツールを使う」という二つの選択肢があります。
標準でサイト内検索機能があるならそれで良いのでは?と感じる人も多いでしょう。しかし、ECサイト構築システムに標準機能のサイト内検索と外部のサイト内検索ツールでは機能が異なります。それぞれの利用方法について詳しく解説します。

ECサイト構築システムに搭載されたサイト内検索を使用

一般的なECサイト運営に使われるECサイト構築システムには標準でサイト内検索が搭載されていたり、プラグインで拡張できる機能が付属していたりします。基本的に無料で利用でき、手順を踏めば誰でも簡単に実装が可能です。

サイト内検索ツールの利用

まず紹介するのは、ECサイト構築システムに標準搭載のサイト内検索機能とは別に外部の有料で提供されているサイト内検索ツールを利用する方法です。
さまざまなサイト内検索ツールが提供されていますが、ほとんどのツールは契約後に発行されるコードを任意の場所に貼り付けるだけで利用でき、手間はかかりません。

それぞれの方法のメリット・デメリット

ECサイト構築システムに標準搭載のサイト内検索と外部のサイト内検索ツールには、それぞれ違ったメリットとデメリットがあります。

ECサイト構築システムに標準搭載されたサイト内検索
標準搭載されたサイト内検索機能は、原則無料で利用できるためコストがかかりません。しかし機能やカスタマイズ性が乏しく、既存のシステムのままでサイト内検索を売上向上のために活用するのは難しいと言えます。

外部のサイト内検索ツール
外部のサイト内検索ツールは費用が発生する点がデメリットです(一部無料のサービスもあります)。しかし、ECサイトに特化した機能が多数盛り込まれており、標準搭載の検索機能ではできない詳細な分析なども可能になります。
また、自社のECサイトに合わせたデザイン・機能のカスタマイズが可能で、柔軟性・拡張性に優れているため、より本格的にサイト内検索を売上向上に活用していくのであれば、外部のサイト内検索ツール利用を強くおすすめします。

導入効果を高めるなら「有料」サイト内検索ツールがおすすめ

外部のサイト内検索ツール利用がおすすめと紹介しましたが、サイト内検索ツールにも無料と有料のツールがあります。無料のサイト内検索ツールなら「Googleカスタム検索」などが有名です。無料とは思えない充実した機能が搭載されています。
しかし無料ツールは、検索結果画面に広告が表示されたり、情報更新時の反映に時間がかかったりと、売上やCVR向上の施策に活用するには、課題が多いです。また、テキストベースの検索結果となるため、商品画像を表示したいECサイトには適しません。
サイト内検索の効果を最大限に高めるためには、検索キーワードに対する検索結果の表示内容や情報の反映速度などを意識する必要があります。有料のサイト内検索ツールは「表示結果の調整や画像表示ができる」「反映速度が速い」など、CVRや売上向上につなげるために必要な機能が揃っています。
今後サイト内検索を売上改善の施策として活用したいのであれば、ECサイトに最適化された機能を持つ有料のサイト内検索ツールがおすすめです。


▼コンバージョンにつなげるEC特化のサイト内検索サービスはこちら▼

資料を無料ダウンロード

サイト内検索ツールを選ぶ際に重視すべきポイント

一言にサイト内検索ツールといっても、さまざまな種類があります。特にECサイトのサイト内検索ツールに求められる機能は、企業サイトとは異なるため注意が必要です。ここではECサイトに設置することを前提に、サイト内検索ツールを選ぶ際に重視するべきポイントを6つ紹介します。

サーバにかかる負荷

ECサイトはページ数が多いため、ユーザがサイト内検索を行うとサーバに一定の負荷がかかります。サーバへの負荷が大きくなれば、検索結果が表示されるまでの時間が長くなり、ユーザの離脱を招く恐れがあります。そのため高機能でもサーバへの負担が少ないサイト内検索ツール選びが重要です。

検索の速さと精度

検索の速さと精度はサイト内検索ツール選びで最も重要なポイントです。ただ表示が速いというだけでなく「表記ゆれ」や「誤字」にも対応でき、ユーザが求める情報やコンテンツを的確に表示できる高い検索精度がサイト内検索ツール選びにおける基盤です。

搭載している機能

サイト内検索でキーワード検索ができるのは当然ですが、それだけでなく、検索キーワードに対して候補となる商品画像を表示できるなど、ECサイトに最適化された機能が充実しているかも比較検討のポイントです。
サイト内検索ツール選びで意識するべきなのは「サイト内検索ができるかどうか」ではなく「サイト内検索をCVRや売上向上につなげられるかどうか」にあります。

デザインのカスタマイズ性

検索窓や検索結果の表示デザインを変更できるかは、サイト内検索の使いやすさを左右する大切な要素です。
同じサイト内検索ツールでも、検索窓のデザインひとつで存在感が大きく変わります。せっかくサイト内検索を設置しても、ユーザに気付いてもらえなければ意味がありません。
そのため検索窓や表示結果のデザインを調整できるか、ツール選びの際に確認が必要です。ECサイトに合わせて手軽にデザインが変更できるツールを選ぶようにしましょう。

管理のしやすさ

サイト内検索ツールの管理画面がシンプルで使いやすいかどうかも、ツール選びの際に注目しておくべきポイントです。
管理画面に表示される項目や内容が複雑だと、人によっては正しく扱えない可能性があります。とくに多機能なサイト内検索ツールの場合は、表示するデータの多さから管理画面の操作が難しくなりがちです。
ECサイトは複数人で運用管理するケースも多いため、誰でも簡単に使いこなせるインターフェースになっているか利用前に確認しておくべきでしょう。

ツールのサポート体制や導入実績

サイト内検索ツールを提供するベンダー側のサポート体制は、導入前に確認が必要です。サポート体制はベンダーによって大きく異なり、導入から利用開始後のアフターフォローまで充実している会社もあれば、導入完了までをサポートしている会社など範囲はさまざまです。
サイト内検索は、導入後に自社サイトに合わせたチューニングや運用改善を行うことで、より大きな効果が期待できます。自社で自走できるかどうか不安がある場合は、運用支援などのサポートが充実しているベンダーのツールを選ぶようにしましょう。同時に過去の導入実績から信頼性をチェックしておくことも大切です。

ECサイトにおすすめのサイト内検索ツール「ポップファインド」

ECサイト向け商品検索ツール「ポップファインド」は、ここまで紹介したサイト内検索ツールに必要な機能性を備えたおすすめのサイト内検索ツールです。ECサイトに必要な機能をJavaScriptタグの設置とデザインの調整のみで簡単に実装できます。
サイト内検索からCVRや購入に誘導するために役立つ以下のような機能が搭載されています。

・商品検索の最適化
カテゴリ・属性分けの検索はもちろん、ヒット件数付きで絞り込むナビゲーションも可能。さらに複数商品の比較や検索結果の柔軟な並び替えなど、ユーザにとって高い利便性を保ちながら、企業側の見せたいコンテンツに誘導できる機能が備わっています。

・スマートフォン最適化も対応可能
スマートフォンのユーザが多いことを想定し、タップ操作でも簡単に商品検索ができるようUIが最適化されています。

・既存システムとの連携
ポップファインドは多くのECサイトシステムやASPカートと簡単に連携可能です。既存システムに影響を与えることなく、JavaScriptで手軽に実装が可能です。

・「ポップリンク」で画像検索・候補キーワードのナビゲーション
ポップファインドのオプションである画像付き検索サジェストツール「ポップリンク」を活用すれば、標準の検索機能に加えて、検索キーワードに対して画像付きで候補ページを表示することが可能です。
また入力途中でも画像付きで候補ページを表示できるため、ユーザは目的の商品ページにアクセスしやすくなり、離脱要因となる0件ヒット(検索時の該当件数0件)を未然に回避することができます。


▼コンバージョンにつなげるEC特化のサイト内検索サービスはこちら▼

資料を無料ダウンロード

まとめ

サイト内検索はECサイトにとって、ユーザの利便性と企業の売上の両方を左右する重要な機能です。ECサイト本体のデザインや商品のラインナップ以外からのアプローチとして、サイト内検索を売上向上の施策として取り入れたいのであれば、ぜひ有料のサイト内検索ツールを検討してみてください。


TOP