サイト内検索ブログ

ECサイトとは?種類や作り方から成功させるポイントを事例とともに解説


ECサイトとは?種類や作り方から成功させるポイントを事例とともに解説

「ECサイトを成功させるために何をすればよいのだろう?」「ECサイトの成功事例を知りたい!」などECサイトに関して疑問を抱えている方が多いのではないでしょうか。ECサイトを成功させるためには、使いやすいWebデザインやスマホでも読みやすいデザイン設計が大切です。この記事では、ECサイトの構築方法や成功させるポイント、事例について解説します。

この記事を参考にすることで、顧客の需要に沿ったECサイトを制作し、自社が掲げた目標を達成しやすくなります。ぜひ最後までお読みください。


▼ ECサイト構築後の導線改善に役立つお役立ち資料▼

ECサイト構築後の売上が低迷する理由

お役立ち資料ダウンロードはこちら

目次

ECサイトとは

ECサイトとは

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するWebサイトのことです。例えば、AmazonやYahoo! ショッピング、楽天などもECサイトに含まれています。ECサイトには、主に以下の5つの機能が備わっています。
ここで解説した内容を参考にし、それぞれの機能を業務へ活用できるようにしてください。

・決済サービス
・顧客管理システム
・受注管理システム
・メール配信
・集客システム

決済サービス

決済サービスは、商品代金や送料を支払うために必要な機能です。ECサイトで導入されることが多い決済サービスとして、以下の5つが挙げられます。

決済サービスの機能
代金引換|銀行振込|コンビニ払い|クレジットカード|電子マネー

銀行振込以外の決済方法は決済会社との契約や手数料が発生してしまいます。高齢者をターゲットにしたECサイトを展開する場合はコンビニ払いを取り入れるのがおすすめです。
その一方で、20代前半の若者をターゲットにするのであれば、電子マネーやクレジットカードを支払い手段に含める必要があります。
このように、ECサイトのターゲットによって取り入れる決済サービスは異なります。ECサイトのターゲットの需要に沿った決済サービスを導入しましょう。

顧客管理システム

顧客管理システムは、ポイント付与やクーポン配布などによってリピーター顧客を育てるために必要な機能です。具体的には、「顧客情報管理機能」と「蓄積されたデータの分析」の2つの機能が含まれています。
顧客情報管理機能は、顧客の個人情報から過去の取引内容まで一元管理ができます。それぞれの顧客の情報を分析し、顧客が購入している商品まで管理できれば、類似商品をおすすめに表示し購買意欲を向上させるなどの施策が行えます。

ただし、顧客管理システムには顧客の個人情報が含まれているため、セキュリティ対策を万全に行わなければいけません。例えば、顧客管理にクラウドサービスを利用し、ログイン時の認証システムやデータの暗号化により個人情報を保護することができます。
個人情報の漏洩には万全の注意を払いつつそれぞれの顧客に対して適切なアプローチができるように、顧客管理システムを活用しましょう。

受注管理システム

ECサイトを立ち上げるのであれば、商品の受発注、キャンセル処理などを速やかに行うために、受注管理システムを用意する必要があります。
受注管理システムを活用して商品の受注から発送までの作業効率を向上させれば、迅速に顧客に商品を届けることができます。その結果、リピーター顧客の獲得につながりやすくなるでしょう。

もしシステム不良が起きてしまい、注文商品の受発注が適切に行われなかった場合は、顧客からのクレームにつながりかねません。
そのため、一括対応や操作性の高さなどを確認し自社ECサイトへ導入する受注管理システムを選ぶようにしましょう。

メール配信

ECサイトでは、メール配信による顧客とのコミュニケーションや購入後のクーポン配布など、再度ECサイトを利用したくなる仕組みづくりが大切です。例えば、メールマガジンで自社商品のキャンペーン情報を配信すれば、再来訪のきっかけになります。
また、メール配信だけでなく、顧客からの質問や意見を受け付ける仕組みを構築することで顧客満足度を高め購入につなげられます。商品に対する不明点などについて、メールで気軽に問い合わせることができれば容易に疑問を解消しスムーズに購入に至ることができます。

ただ、顧客によってはメール配信が不要と感じている場合があります。
そのため、メール配信が必要な顧客に対してのみ送信できる仕組みづくりをすることが重要です。

集客ツール

ECサイトでは、顧客が何度も利用したくなるように集客ツールを導入する必要があります。具体的な集客ツールとして、以下の5つが挙げられます。

集客ツールの種類 説明
SEO対策 ECサイトの集客につなげるオウンドメディアやコラム記事で情報発信をし、検索エンジンで上位表示を獲得するための方法
SNS運用 X(旧:Twitter)やInstagramなどを活用して情報発信をして、ECサイトの集客へつなげる
Web広告 広告を打ち顧客の目に留まる回数を増やして集客する(費用対効果をあらかじめ計算しておくことが大切)

上記の表のようにECサイトを集客する方法はさまざまです。ECサイトのターゲットとなる顧客の年齢層や性格を分析したうえで、適切な集客ツールを活用しましょう。ECサイトをつくるだけで終わらず、顧客を集めてこそのECサイトだということを理解しておきましょう。

≫≫ ECサイトに必要な機能とは?取り入れておきたい便利な機能も紹介

ECサイトの種類と運営

ECサイトの種類と運営

ECサイトの運営方法は、以下の2つに分類できます。ここで解説した内容を参考にし、ECサイトの運営方法を理解してください。

・ECモール
・自社サイト

ECモール

ECモールとは、楽天市場やYahoo! ショッピング、Amazonなど同じサイト上に複数の店舗が展開される出店方法です。
すでに運営されているサイトで店舗を運営するため、自分でドメインやサーバを用意する必要がありません。また、大規模なECモールであれば、モール自体の知名度で比較的楽に集客ができます。

しかし、デザインには制限があるため、自身が思い描いたECサイトを構築できない可能性があります。また、ECモール側が決済を代行し、売上から手数料が引かれるデメリットがあることも把握しておきましょう。

自社サイト

自社サイトは、自分の会社でドメインやサーバを用意してECサイトを構築する種類です。

自社専用のサイトであるため、Webサイトのデザインや商品のレイアウトなどを自由に決定し構築できます。また、ECモールのように高い手数料を必要としません。
しかし、自社の知名度がない場合は集客が難しく、さまざまな集客施策を実践して知名度を高める必要があります。

ECサイト4大ビジネスモデル

ECサイト4大ビジネスモデル

ECサイトは商品を「誰が出店するのか」「誰に向けて出店するのか」に基づき、以下の4つのビジネスモデルに分類されます。ターゲットの需要に沿ったECサイトにするためには、それぞれのビジネスモデルについて理解を深めなければいけません。ここで解説した内容を参考にして、ECサイトを運営しましょう。

1. BtoC
2. BtoB
3. CtoC
4. DtoC

1. BtoC

BtoCは、企業が個人に向けて商品を売買するビジネスモデルです。令和4年度 電子商取引に関する市場調査によるとBtoCの市場規模は2021年が13兆2,865億円なのに対し、2022年は13兆9,997億円で5.37%も増加しています。
BtoCを活用する事業者は年々増加傾向にあり、その分顧客ニーズも高まっています。具体的には、AmazonやYahoo! ショッピングなどが該当します。BtoBと比較して個人を対象にしているので、顧客数が多いことが特徴です。

また、BtoCは、商品の内容や顧客によっては数日で購買に至る可能性があるため、すぐに売上を上げやすいといえるでしょう。ただ、1契約当たりの単価は比較的安い点が特徴です。
BtoCは企業の知名度によって売上が大きく変動するビジネスモデルなので、知名度を高める施策を実施する必要があります。

2. BtoB

BtoBは、企業同士で取引が行われるビジネスモデルです。2021年の市場規模が372兆7,073億円であるのに対し、2022年は420兆2,354億円と前年から12.8%も増加しています。
BtoCと比較して単価が高い傾向にありますが、商品の購入まで数ヶ月ほど時間がかかることが特徴です。BtoBの場合は、自社商品やサービスへ興味を持ってもらうために積極的にアプローチをする必要があります。

本当に良い商品であれば、会社の知名度に関係なく購入や契約に至る可能性があり、一度取引が成立した場合は長期的な関係が期待できます。そのため、BtoBをビジネスモデルにする場合は知名度を高めることよりも、商品の良さを顧客に伝えましょう。

3. CtoC

CtoCは、「メルカリ」や「ラクマ」など個人間の取引を表したビジネスモデルです。2021年のCtoCの市場規模が2兆2,121億円なのに対し、2022年は2兆3,630億円で6.8%も増加しています。
CtoCは、BtoCやBtoBと比較し規模はまだ小さいですが、年々市場が成長しているビジネスモデルです。CtoCでは、個人が消費者である他の個人に対しモノやサービスを販売します。CtoCのプラットフォームを運営する企業は利用者から手数料を支払ってもらい、ビジネスを成立させています。

4. DtoC

DtoCは、企業が製造した商品を業者を挟まず直接消費者へ販売するビジネスモデルです。中間コストを削減できるので、その分利益率が高まります。
また、DtoCは顧客と密なコミュニケーションがとりやすいため、顧客のリピーター化のための積極的なアプローチが可能です。

自社ECサイト4つの構築方法

自社ECサイト4つの構築方法

ECサイトは、以下の4つの構築方法によって費用感やカスタマイズ性に違いがあります。
ECサイトには、さまざまな構築方法があります。ここで解説した内容を参考に、どの方法が自社ECサイトの構築に適切なのかを検討しましょう。

1. フルスクラッチ
2. パッケージ
3. ASP
4. クラウドEC

1. フルスクラッチ

フルスクラッチは、完全にゼロからECサイトを構築する方法です。フルスクラッチを行う際は、以下の手順でECサイトを構築する必要があります。

フルスクラッチでの構築手順
1. 開発項目の要件を定義する
2. フルスクラッチへ対応している制作会社を選定する
3. ECサイトの費用を見積もる
4. 制作会社へ要望を伝える
5. 制作会社がECサイトを構築する

フルスクラッチでは、デザインに制限がないので自身の希望に合ったECサイトを構築可能です。その一方で、フルスクラッチでは数千万円といった高額な費用や、長期の制作期間が必要となる場合があります。
そのため、フルスクラッチを採用するECサイトは、独自性の高い超大規模サイトなどに限られます。

2. パッケージ

パッケージは、ECサイトに必要な機能があらかじめ実装されている製品です。サーバにパッケージをインストールすれば、一からシステムをプログラムすることなくECサイトの作成が可能です。フルスクラッチと比較し、費用を抑えて自社に必要な機能をカスタマイズで追加することも可能です。

その一方で、定期的なシステムのアップデートが必要になります。ECサイトをパッケージで構築してから5年ほどが経過すると顧客の需要に沿わなくなる可能性があるため、定期的に費用と時間をかけてサイトを作り替える必要があることを念頭に置いておきましょう。

3. ASP

ASPでは、提供されたクラウド上でECサイトを構築することができます。ASPを利用すれば初期費用をかけずに、比較的スピーディにECサイトを展開できます。システムが常にアップデートされるので、一度ECサイトを構築したら何度も作り変える必要はありません。

しかし、ASPには機能のカスタマイズに制限があるため、デザインを柔軟に変更できない点に注意が必要です。配送管理や在庫管理などのシステムとの連携にも制限がある場合があります。

4. クラウドEC

クラウドECは、クラウド上にあるプラットフォームを活用してECサイトを構築する種類です。クラウドECは初期費用が無料の場合が多く、システム料もリーズナブルなのであまりお金をかけずに運用することができます。ASPと似ていますが、ASPよりも拡張性やカスタマイズ性に優れている点が特徴です。

また、商品管理や配送管理システムなど、さまざまな機能と連携することが可能です。しかし、ほかの構築方法と比較しデザインが充実しているわけではないため、本格的なカスタマイズにはパッケージ同様の費用と時間がかかってしまいます。

≫≫ ECサイト構築にかかる費用相場の内訳を4つの制作方法とともに解説


▼ ECサイト構築後の導線改善に役立つお役立ち資料▼

ECサイト構築後の売上が低迷する理由

お役立ち資料ダウンロードはこちら

ECサイトを成功させるポイントと事例

ECサイトを成功させるポイントと事例

ECサイトを運営するうえで重要なのは、日々の運営をいかに正しく効率的に行うことができるかです。以下の3つのECサイトを成功させるポイントを事例と合わせて紹介します。これらを参考に、顧客の需要に沿ったECサイトを制作してください。

1. 使いやすいWebデザイン
2. モバイルフレンドリーなデザイン
3. サイト内検索の最適化

1. 使いやすいWebデザイン

ECサイトを成功させるポイントとして、使いやすいWebデザインが挙げられます。シンプルで直感的なWebデザインを採用し、顧客が商品を簡単に見つけられるようにするなど、購入プロセスを円滑に進められるような工夫を行いましょう。

例えば「BLANC HONEY」のようにアニメーションを用いたデザインのECサイトを構築すれば、顧客の視線が止まりやすく即時離脱の防止へつながるでしょう。また、視覚的にどの商品がおすすめなのかを理解しやすくなっています。

「BLANICHONEY」は商品に対するQ&Aや企業のSNSとも連携しているため、利用者は疑問を解消したうえで商品購入が可能です。情報の見せ方を工夫し視覚的に見やすいサイトを目指してください。

2. モバイルフレンドリーなデザイン

モバイルフレンドリーなデザイン設計にしてECサイトの購入率を高めましょう。なぜなら、ECサイトはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからアクセスする利用者も多いためです。

自動変換ツールを導入し各種デバイスの横幅に合わせてECサイトを表示できることも重要です。検索エンジンの1つであるGoogleはモバイルフレンドリーな設計を推奨しているため、モバイル対応をした結果、検索順位の上昇につながる可能性があります。

検索順位を上昇させれば、その分多くの人の目に触れやすくなって購入率を高められます。そのため、できるだけ全ての顧客がECサイトを見やすく感じるような設計を心がけましょう。

3. サイト内検索の最適化

ECサイトを構築するうえで、サイト内検索の最適化は欠かせません。サイト内検索を最適化すれば、顧客が欲しい商品をすぐに見つけられるようになり、離脱率の低下へつながります。

サイト内検索の最適化には、GENIEE SEARCHをおすすめします。GENIEE SEARCHとは、サントリーホールディングスやラコステ ジャパンなど900社を超える導入実績を誇るサイト内検索サービスです。

ページ数が少ない企業の場合は、月額5万円〜、最短2週間〜で導入できます。顧客の利便性をさらに高めたいのであれば、自社のECサイトにGENIEE SEARCHを導入しましょう。

≫≫ サイト内検索とは?3つのやり方・導入方法から活用事例までを解説

≫≫【2024年最新】サイト内検索ツールおすすめ10選を徹底比較!成功事例から学ぶ選び方

メガネスーパーの購入率2.4倍となったECサイト事例

メガネスーパーでは、GENIEE SEARCHを導入しています。メガネスーパーの主なEC商材はコンタクトレンズなのですが、基本的にコンタクトレンズの購入に楽しさを見いだす顧客はいません。
日々使用するアイテムを利用者にスムーズに購入してもらえるサイトづくりに取り組んでいました。GENIEE SEARCHでは、わずかな検索のステップで利用者が購入したい商品を表示できるため、実際に導入した結果、ECサイト全体の購入率とGENIEE SEARCH経由の購入率を比較し2.4倍と売上向上に貢献しました。

サイト内検索事例動画:メガネスーパー様「ストレスのない購買動線で購入率2.4倍

まとめ

まとめ

ECサイトを使用して自社の売上を向上させるためには、モバイル対応や、商品の購入に直結しやすいWebデザインにする必要があります。
ECサイトは、自社の事業の競争力を向上させるために欠かせません。GENIEE SEARCHの導入などの工夫を行うことで、ECサイト内の購入導線を最適化し、顧客が利用しやすいサイトになります。
また、顧客の需要に沿ったアプローチを大切にしたうえで、事業の成果を追求していきましょう。この記事を参考にし、ECサイトの売上をさらに高められるように努めてください。


▼ ECサイト構築後の導線改善に役立つお役立ち資料▼

ECサイト構築後の売上が低迷する理由

お役立ち資料ダウンロードはこちら

サイト内検索のオススメ記事


「導線改善ツール」を導入して
ECサイト実現した事例集


資料ダウンロード

ENIEE SEARCH編集部

GENIEE SEARCH編集部
(X:@BST_hoshiko

ECサイトや企業サイトにおける快適なユーザ体験を実現するための導線改善方法から、ECマーケティングの手法まで幅広く情報を発信しています。

新着事例

artience株式会社様

いいね!で最新情報を受け取る

「導線改善ツール」を導入して
ECサイト
実現した事例集


資料ダウンロード

TOP