サイト内検索ブログ

ECサイトの売り上げはサイト内検索で変わる!?基礎~導入のポイントを解説

サイト内検索イメージ

サイト内検索とは?

サイト内検索とは、ユーザがWebサイト内で目的の情報やコンテンツにいち早くたどり着くための機能です。
ページ数や情報量が多いWebサイトでは、ピンポイントで欲しい情報にたどり着けるかどうかでユーザの離脱率やCVRが大きく変わります。そのためコーポレートサイトやECサイトなど、さまざまなWebサイトでサイト内検索が活用されています。

そもそもサイト内検索とは?

サイト内検索とはWebサイト上に検索窓を設置し、キーワードを入力することで、該当する情報を抽出、表示するシステムです。サイト内検索があれば、ユーザはサイト内を回遊せず、目的のページにたどり着くことができます。
ほとんどのECサイト構築システムには、サイト内検索機能が標準搭載されており無料で利用できます。しかし無料の検索機能では、検索結果の精度やデザインのカスタマイズに制限があり、自社に合ったサイト内検索の活用が難しいという課題があります。
そのような課題を解消できるのが、有料のサイト内検索ツールです。商材の特性に合わせて機能を選べるほか、検索結果の順位やデザインの調整、サイト内検索されたキーワードをもとにユーザのニーズ分析などもできます。
無料と有料のツールには、それぞれ違ったメリットがあるため、自社の目的に合わせて選ぶことが大切です。

サイト内検索を導入するメリット

サイト内検索を導入すると、ユーザは目的の情報や商品ページにスムーズに到達できるようになります。
運営側はユーザに的確な情報を提供できるだけでなく、検索キーワードをもとにニーズを把握して今後の戦略に活かせるようになります。

ECサイトにおけるサイト内検索機能の重要性

商品販売を目的とするECサイトでは、サイト内検索が売上向上の重要な役割を担います。ここからは、サイト内検索の具体的なメリットを紹介します。

CVRの向上につながる

ECサイトで目的の商品が見つけやすくなることで、CVRやサイト自体の使いやすさが向上します。ユーザがストレスなくショッピングできる高い操作性を実現すれば、他社サイトとの差別化やユーザのファン化につながり、結果として継続したCVRの向上が可能です。

ユーザの検索キーワード情報が集まる

ユーザがサイト内検索で使用したキーワードは管理画面で確認できます。検索キーワードの傾向からユーザのニーズが把握できるため、今後の商品選定やサイト内のデザイン改善にも活かせます。


▼コンバージョンにつなげるEC特化のサイト内検索サービスはこちら▼

資料を無料ダウンロード

ECサイトに必要な検索機能

Webサイトの中でもECサイトに求められるサイト内検索は、企業サイトなどと異なり、適した機能を搭載したツールでなければ期待する結果が得られません。ここでは、ECサイトで必要な商品検索の機能について紹介します。

キーワード検索機能

検索窓に入力したキーワードに該当する商品を検索結果ページで一覧で表示するもので、サイト内検索の最も基本的な機能です。

候補キーワードの表示機能

検索窓にキーワードを入力している途中に、候補となる商品名を表示する機能です。数文字の入力で候補が表示されるため検索の手間を省き、入力ミスを防止します。
さらに、画像付き検索サジェストツールである「ポップリンク」を活用すれば、検索キーワードを入力中に画像+テキストで候補の商品を表示できます。ユーザは商品画像を見ながら検索できるため、類似商品との比較検討しながら最短で購入ページにたどり着くことができます。
商品画像を使ったサジェストは、検索結果のミスマッチによるユーザの離脱を防止し、CVにつなげるためECサイトに特化した機能です。

商品絞り込み機能

ブランドや価格など多軸のカテゴリをもとに商品を絞り込める機能です。商品点数が多いECサイトや、商品名がわからない場合でもカテゴリを下りながら直感的な操作でユーザは迷うことなく目的の商品を見つけられます。

検索結果のソート機能

ユーザの目的に合わせて、検索結果の表示順位を並べ替える機能です。価格や新商品、おすすめ順などユーザが購入検討時に優先する項目を用意しておくとよいでしょう。

ECサイトにサイト内検索を導入する方法

ECサイトでサイト内検索を利用することは、難しいことではありません。指定のコードを埋め込むだけで利用できるケースや、ECシステムの基本機能として備わっていることがほとんどです。
ここからは、ECサイトにサイト内検索を導入する方法についてご紹介します。

大手検索エンジンのカスタムサーチ機能はECサイトでも使える?

無料で利用できるサイト内検索で代表的なものは「Googleカスタム検索エンジン」です。
「Googleカスタム検索エンジン」は多彩な機能を無料で利用できますが、検索結果はテキストベースで表示されるため商品画像が重要なECサイトには向きません。
売上やCVRの向上を実現するのであれば、ECサイト向けの機能を備えた検索ツールがおすすめです。

ECシステムに搭載されたサイト内検索は負荷が大きい

ECサイトを構築するECシステムには、あらかじめ商品検索機能が搭載されています。商品の登録数が100件未満など少数であれば、ECシステムの検索機能だけでも問題ありません。
しかし、数百・数千以上の商品を登録する場合は、商品数に比例して画像などのデータ量も増えてしまい、ECシステムの検索機能ではサーバへの負荷が大きくなりおすすめできません。
高負荷なサイト内検索では、検索結果の画像表示に時間がかかりユーザの離脱を招く恐れがあります。サイト内検索時の表示速度やカスタマイズ性を求めるなら、外部ツールの導入が必要です。

おすすめは「サイト内検索ツール」の導入

ECサイトのサイト内検索ツールとしておすすめなのは、ECサイトに特化した機能を持つ外部のサイト内検索ツールです。0件ヒット(検索時の該当件数0件)を防止する機能や、画像を使ったサジェスト機能、、絞り込みなどの機能を備え、検索処理を外部サービス上で行うことでサーバへの負荷が抑えられるため、検索結果の高速表示が可能です。
また、大手カスタム検索エンジンのように広告が表示されないため、意図しないユーザ離脱を防ぎます。デザインの変更やスマートフォンサイトにも対応し、SEOやユーザビリティを意識したECサイト構築が可能です。
無料ツールやECシステム標準の検索機能に満足できない場合は、有料のサイト内検索ツール導入をご検討ください。

ECサイトに適したサイト内検索ツールを選ぶポイント

ECサイトに適したサイト内検索ツールを導入するために知っておくべきポイントがいくつかあります。ここからは自社のECサイトに合ったサイト内検索ツールを選ぶポイントを3つご紹介します。

検索結果の表示速度

検索結果が表示されるまでに時間がかかると、ユーザが離脱する確率は高くなります。そのためサイト内検索結果の「表示速度」は意識しておくべきポイントのひとつです。商品数が多くなればなるほど、サーバへの負担も大きくなり表示速度に影響を及ぼします。
検索速度は導入後の解消が難しい課題のため、将来的に商品数が増えても十分な速度が担保できるか、外部ツール導入検討時にしっかりと確認しておきましょう。

検索の精度

サイト内検索の精度は、ツールによってさまざまです。ユーザが期待する検索結果に対して精度が低いと離脱やCVRの低下を招くリスクが高くなるため、注意が必要です。ユーザが入力した検索キーワードに対して、適切な商品を適切な順番で表示させることができるかは、サイト内検索ツールを選ぶ際の重要なポイントです。

検索ボックスや検索結果のデザイン

ツールによっては、検索ボックスや検索結果のデザインをカスタマイズできます。ユーザはスマホなど小さな画面で閲覧する人が多いため、検索ボックスの見つけやすく使いやすいデザイン性も、CVを左右するポイントのひとつです。
ECサイトとのデザインに合わせた、検索ボックスや検索結果画面のカスタマイズが可能かもチェックしておきましょう。

ECサイトにおすすめのサイト内検索ツール「ポップリンク」「ポップファインド」

ここまで解説したポイントを全て満たすサイト内検索としておすすめするツールが「ポップリンク」と「ポップファインド」です。
画像付き検索サジェストツールの「ポップリンク」は、検索キーワードと詳細ページをつなぐナビゲーションツールです。検索窓に入力されたキーワードに対して、画像付きで候補語句を表示でき、入力途中でも候補が表示されるため、ユーザの利便性の向上だけでなく離脱の原因となる0件ヒットの対策に効果的です。
ECサイト向け商品検索ツール「ポップファインド」は既存システムと簡単に連携させることができる高精度のサイト内検索ツールです。キーワード検索や絞り込みなどのECに欠かせない機能はもちろん、オプションで検索結果画面上で商品を並べて比較検討できる機能などを実装できます。ポップリンクとの併用でより高い利便性を実現できます。

まとめ

サイト内検索機能は同じように見えても、ツールによって利便性やカスタマイズ性が異なります。ユーザによって使いやすいサイト内検索は、売上やCVRに大きな影響を与えるため、外部ツールの導入は慎重に行う必要があります。
今後、サイト内検索ツールを導入検討されている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。


TOP