サイト内検索ブログ

商品検索の絞り込み機能を実装してECサイトのCVRを改善


商品検索の絞り込み機能を実装してECサイトのCVRを改善

商品数が多くなるECサイトにおいて、絞り込み機能の実装は必須となります。

なぜならサイトを訪れたユーザの多くが、目当ての商品ページがどこにあるかすぐに判断できないからです。目的のリンクが分からなければ、ユーザは離脱し、他の競合サイトへと移動することが考えられます。

商品検索の絞り込み機能があれば、商品ページへのアクセスが容易になるため、ECサイトのCVR改善も十分に期待できます。本記事では商品検索の絞り込み機能について、基本的な内容から実装方法、おすすめのツールまでを解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

目次

商品検索の絞り込み機能とは

商品検索の絞り込み機能とは

商品検索の絞り込み機能とは、ECサイト内に設置されている商品検索機能において、ユーザが求めている条件に合致する商品を探すために、検索結果を特定の条件に基づいて絞り込む機能のことを指します。

例えば、衣料品を検索する場合、サイズやカラー、素材、価格帯などの条件を設定することで、希望する条件に合致する商品を見つけることができます。また、家電製品を検索する場合には、メーカー、型番、機能などの条件を設定することができます。

絞り込み機能は、多くの商品を取り扱っているECサイトにおいて、効率的に商品を探すために必要な機能です。また、ユーザにとっても、自分が欲しい商品をすぐに見つけることができるため、ユーザビリティの向上が期待できます。

絞り込み機能がCVR改善につながる

本機能は単にユーザが明確な目的に基づいて能動的に商品を絞り込むだけではなく、さまざまな角度から購入ページへの遷移を促します。 例えば、商品を探すためのキーワードが曖昧であっても、カテゴリなどの条件から商品ラインナップを絞り込んでいくことで、スムーズに目的の商品にアプローチできます。

そのため単に商品ページへのリンクを表示しているだけのサイトとは比較にならないくらい、絞り込み機能の導入によってCVRは大幅に上昇することが期待できます。

現在CVR改善を検討している場合、絞り込み機能の実装を前向きに検討することをおすすめします。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

絞り込み機能を実装する3つの方法

絞り込み機能を実装する3つの方法

絞り込み機能をECサイトに実装する方法は主に以下の3つがあげられます。それぞれの方法について解説していきます。

  1. WordPressのプラグイン
  2. Googleカスタム検索
  3. ツールの導入

1. WordPressのプラグイン

まず1つ目の方法は、WordPressのプラグインを使用する方法です。

WordPressでは多くのプラグインが提供されていますが、中でも「Search & Filter」がおすすめです。機能面でもカテゴリからタグ、投稿タイプや日付など細かく絞り込み検索を設定できます。

さらに、それぞれの条件を任意に組み合わせて検索をかけられるため、目的のページへすぐにたどりつくことができます。実装方法はプラグインをインストール後に有効化させ、サイドバーなど検索窓を表示させたい箇所へショートコードを入力するだけで完了します。

「Search & Filter」は無料でありながらも最低限の機能は揃っていますので、とりあえず絞り込み機能を試したいと考える方にはおすすめです。

2. Googleカスタム検索

2つ目は、Googleが提供しているカスタム検索を利用する方法です。

こちらを利用するメリットは多数ありますが、中でもGoogle Analyticsなど、その他Googleサービスと連携できる点は大きな強みでしょう。連携によってユーザが検索したキーワードや検索結果のページビューなど、さまざまな情報を分析できます。ユーザの導線を分析することで、ECサイトの導線設計の見直しやCVR改善が可能となります。

実装方法についてもGoogleから発行されるタグをコピー&ペーストするのみですので、比較的容易に実装が可能です。

さらにどのようなサイトでも実装が可能なため、短時間で効果的な機能を求める場合には最適な選択肢となるはずです。しかし、Googleカスタム検索には、検索結果画面に広告が表示されるというデメリットもあるため、それを踏まえた上で実装を行いましょう。

以下の記事でGoogleカスタム検索の実装方法や、メリット、デメリットをまとめていますので気になる方は以下のリンクからご確認ください。

≫≫ Googleカスタム検索の設置方法と最適なサイト内検索の選び方

3. ツールの導入

最後の方法は、企業が提供している有料ツールを利用する方法です。

前述したWordPressのプラグインや、Googleカスタム検索については無料で利用できる一方で、機能面では痒いところに手が届かないといったデメリットがあります。その点ツールの導入は基本的に有料ではありますが、その分充実した機能が魅力となっています。

例えば、表記ゆれの対応や関連キーワード、画像付きサジェスト、多言語への対応などといった商品検索に欠かせない機能とともに高度な絞り込みを実現するためには、ツールの導入が必須となるでしょう。さらに管理画面も見やすくなっているため、より効率的な運用が実現できるはずです。

ECサイト専用の商品検索ツールを提供している多くの企業は、それぞれの課題に合わせて機能を組み合わせてカスタマイズすることができます。ECサイトの課題に合わせて対応することができるので、結果的に無料ツールよりもCVRの改善が大きく期待できるので、長期的に考えた場合はツールの導入が最も費用対効果は高くなることも考えられます。

有料ツールの導入にあたっては、絞り込み機能以外にもさまざまな機能があり、ツールの選び方が存在するため、以下の記事でツールの選び方を紹介しています。有料ツールを検討されている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

≫≫ サイト内検索の導入方法と専用ツールを3つ紹介!選び方も徹底解説

おすすめのEC向けサイト内検索ツール

現在、絞り込み機能を実装するためのツールは多くの企業が商品検索の機能として提供しています。

こちらではその中から、おすすめしたい以下3つのツールを紹介していきます。

  1. ZETA SEARCH
  2. GENIEE SEARCH for EC
  3. Advantage Search

ZETA SEARCH

ZETA SEARCH

「ZETA SEARCH」は圧倒的な高速性能によって検索結果の表示スピードを向上させ、ユーザにストレスを与えることなくスムーズな購買を実現します。さらに検索結果の精度も高く、ユーザ層や取り扱い商品などの特性に最適化させた検索が可能です。

運用面でのサポートも手厚く、サイト運営の負荷を大きく軽減することも期待できるでしょう。導入にあたっては顧客が抱いている課題や要望に応じて、最適な製品を提案する形をとっているため、基本的に費用は要問合せとなっています。

過去の事例では初期費用が100,000円程度、導入費用に関しては1,000,000円からとなっていましたが、最新情報とは異なる場合がありますので検討される場合はまずお問い合わせすることをおすすめします。

≫≫ ZETA SEARCH

GENIEE SEARCH for EC

GENIEE SEARCH for EC

「GENIEE SEARCH for EC」は、900社を超える企業への導入実績があるツールです。検索欄から直接商品ページへのアクセスが可能であり、導入企業がCVRや直帰率など課題を改善した事例が豊富です。GENIEE SEARCH for ECを導入し、複数の軸で商品検索ができる絞り込み機能を実装した株式会社フィラディス様は、ECサイトの利用者アンケートで約7割が「探しやすくなった」と回答され、直帰率が5%も改善しています。

GENIEE SEARCH for ECでは、絞り込み機能はもちろん、ECサイトと相性の良い機能である「画像付きサジェスト」やGoogleアナリティクスとの連携による分析など、20種類以上の機能を組み合わせてカスタマイズが可能です。

導入プランは、顧客に応じた4つのプランから選択が可能となっています。月額5万円からの導入が可能となっており、導入期間も2週間程度と、迅速な対応も魅力です。


▼ ECサイトに特化したサイト内検索サービス ▼

EC特化のサイト内検索サービス

GENIEE SEARCH for ECの詳細はこちら

Advantage Search

Advantage Search

「Advantage Search」は大規模サイトにも対応している、多機能なツールとなっています。

分析機能に基づいたチューニングによって最適な検索結果を実現し、多種多様な条件に応じた検索結果ページを生成します。ユーザの購入履歴から求める結果をすぐに表示させるため、CVRだけではなく離脱率の改善にもつながります。

費用については初期費用で300,000円から、月額55,000円となっております。さらに複数のオプションの追加によって費用は変動しますので、こちらについてもまずはお問い合わせすることをおすすめします。

≫≫ Advantage Search

まとめ

まとめ

商品数が膨大になるECサイトには欠かせない、商品絞り込み機能について解説しました。

絞り込み機能の実装は無料のものから有料ツールまで用意されていますが、長期的な運用やユーザビリティを考慮した場合、やはり有料ツールを利用することをおすすめします。導入によって大幅なCVR改善、さらには離脱防止にもつながるため、まずは気になるツールの資料請求から進めてみてはいかがでしょうか。


▼ 検索サービス主要5社の比較資料▼

検索サービス主要5社の比較資料

無料でお役立ち資料ダウンロード

サイト内検索のオススメ記事


ENIEE SEARCH編集部

GENIEE SEARCH編集部
(X:@BST_hoshiko

ECサイトや企業サイトにおける快適なユーザ体験を実現するための導線改善方法から、ECマーケティングの手法まで幅広く情報を発信しています。

新着事例

プロサリッチ株式会社様

いいね!で最新情報を受け取る

TOP