サイト内検索ブログ

ECサイト運営者に欠かせない基本スキルや仕事内容を徹底解説

ECサイト運営者に欠かせない基本スキルや仕事内容を徹底解説

ECサイトの運営と一括りにしても、実際はさまざまなスキルが求められます。運営業務は主にフロント業務とバック業務の2種類にわけられ、それぞれ以下のような業務を担当します。

  • フロント業務:商品企画・仕入れ・サイト管理・マーケティング等
  • バックエンド業務:商品登録・受発注対応・在庫管理・出荷業務・アフターサービス等

本記事では、ECサイトを運営するうえで必要となるスキルから業務内容について解説する内容となっています。ぜひ最後までご覧ください。



▼ECサイト内検索で売上を改善▼


ECサイト内検索で売上を改善

GENIEE SEARCH for ECの詳細はこちら

目次

ECの市場規模もEC化率も右肩上がり

ECの市場規模もEC化率も右肩上がり

2020年に経済産業省が行った産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)報告書によると、2020年のEC化率は前年比8.08%と急拡大しており、この数値は従来の5〜6%を大きく上回る結果となりました。
また、EC市場規模についても12兆円を超え、2019年度比では21.71%の伸長をみせています。

このように、年々EC市場は規模や売上が右肩上がりに成長していましたが、2020年のコロナウイルスによる外出自粛要請をうけ、さらに成長を大きく加速させたといえます。

急激な成長は市場を大きく発展させ、これまでECサイトを利用しなかった顧客層を取り込むことに成功しました。

しかし一方で、ある問題を生み出すことになりました。

成長している市場だからこそEC業界は人材不足

現在EC業界が抱えている問題は「人材不足」です。

ある転職サイトでは、人材不足が問題視されているITエンジニアの求人数が1.2万件に対して、EC関連の求人数は1.6万件もの掲載がありました。この件数差からみても、いかにEC業界において人材不足が深刻な問題となっているかが想像つくかと思います。

EC業界における人材不足の原因としては、以下のような内容が主な背景としてあげられます。

  • 急成長した市場のため、絶対数が不足している
  • 業務内容の幅が広く、高いスキルが求められる
  • 経験者が少なく、人材の育成体制が整っていない

ECサイト運営で必要なスキルと仕事内容

ECサイト運営で必要なスキルと仕事内容

冒頭でもお伝えしたように、ECサイト運営はフロント業務とバックエンド業務の2つに分けられます。それぞれの業務において実施した施策を分析し、データを元にしてPDCAサイクルを回していくことになります。

この章では、ECサイト運営において必要なスキルと、それぞれの業務内容を解説します。

ECサイト運営で求められるスキル

ECサイト運営において、求められるスキルは多岐にわたりますが、代表的なスキルとして以下があげられます。

  1. 商品企画力
  2. デザインスキル
  3. 撮影スキル
  4. Webマーケティングスキル(集客・分析)
  5. 顧客対応能力

まずは競合サイトとの差別化を図るために、コンセプトとなる商品企画を明確にする必要があります。顧客にとっては、魅力的な商品、企画、ストーリーなどがイメージできていなければ、その後の集客につなげることが難しくなります。

そして、コンセプトに連動しながらもユーザビリティの高いサイトデザイン、商品の魅力が伝わる撮影技術も求められます。
最終的には顧客を集めるためのマーケティングスキルを活用しながら、新規顧客からリピーターにする施策立案・実施も必要となります。

このようにECサイトでは、一般企業のさまざまな部署が担当する複合的なスキルが求められるため、人材不足の原因につながっています。

≫≫ECマーケティングとは?EC担当者が見落としがちな施策を解説

ECサイトの運営業務内容

フロント業務とバックエンド業務について、より詳細に解説します。

フロント業務は主に、「商品企画」「仕入れ」「商品管理」「集客」といった、顧客に関わる業務を担当します。一般企業に置き換えると「営業職」のような立ち位置になるため、この業務で大きなミスがあった場合、売上を立てることが難しくなってしまいます。

一方でバックエンド業務は主に、「受発注管理」「在庫管理」「売上管理」「入出荷」「アフターサービス」といった、ECサイトの基盤となる業務を担当します。一般企業に置き換えると、「事務職」や「経理」のような立ち位置となります。

売上が少ないECサイトであれば、フロント業務とバックエンド業務を兼任することは難しくありませんが、規模が拡大していくにつれ、兼任は難しくなります。

ECサイトで重要なことは「ユーザ目線」

ECサイトで重要なことは「ユーザ目線」

ECサイト運営を成功させるためには、さまざまなスキルが必要であることはお伝えしたとおりです。ECサイト運営には高いレベルのスキルが求められることは事実ですが、それ以上に「ユーザ目線」に立ったECサイトの設計が重要となります。

なぜ運営スキルと同様にサイト設計も重要となるのか、以降で詳しく解説していきます。

モバイルファーストのサイトデザイン

モバイルファーストのサイトデザイン

冒頭に提示した経済産業省報告書によると、現在インターネットへ接続する端末の多くがスマートフォンだとされています。

その原因として、2019年時点の情報通信機器の保有状況でスマートフォンの保有率が増えたことにあります。

  • スマートフォン:83.4%
  • パソコン:69.1%
  • タブレット:37.4%

特にスマートフォンについては、2010年時点では保有率は7.2%でしたが、この10年でおよそ8割近くの家庭に普及しています。

一方で、パソコンは2010年時点では保有率83.4%でしたが、この10年で約20%も保有率を下げる結果となりました。このことからインターネット情報につながる端末の多くは、スマートフォンとなっていることがわかります。

つまり従来のようなパソコンがメインではなく、スマートフォンを第一に想定したサイトデザイン、コンテンツ作成が求められるのです。ECサイトも例外ではなく、多くの顧客を呼び込みたいと考えるのであれば、「モバイルファースト」であることが重要となります。

≫≫サイト内検索でスマホECサイトの購入売上を改善する方法

サイト内検索機能の最適化で離脱率を軽減させる

サイトデザインだけではなく、ユーザビリティを向上させるツールの活用も重要となります。

そのなかでもサイト内検索ツールは、非常に効果の高い機能であるといえます。

弊社が過去実施した調査によると、サイト訪問者の約9割がサイト内検索を利用し、内8割が目的の商品を見つけられなければ離脱するという結果が出ています。このようにサイト内検索を利用した購買行動は、ほとんどの顧客にとって当たり前であり、サイト内検索機能が十分でなければ離脱してしまうのです。

広告を使って集客した顧客を、サイトの構成が不十分であるがゆえに逃してしまうことは最大の機会損失といえます。サイトデザインと同様にサイト内検索機能にもこだわって設計しましょう。

≫≫サイト内検索ツール7選を徹底比較|選ぶポイントも詳しく解説

≫≫サイト内検索エンジンでECサイトの売上が改善!おすすめのツールを紹介

まとめ

まとめ

ECサイト運営のためには、さまざまなスキルが必要であることをお伝えしました。

またスキルだけではなく、モバイルファーストのサイトデザインに加え、「サイト内検索ツール」の利用も必須となります。

現在、サイト内検索ツールはさまざまなものが存在していますが、その中でも「GENIEE SEARCH for EC」をおすすめします。シリーズ累計900社以上に導入されており、20種類以上の機能を組み合わせ、自社サイトに適したナビゲーションを実現できます。

また、タグを埋め込むだけでスムーズな設置が可能です。「GENIEE SEARCH for EC」は、CVRやユーザビリティに課題のあるECサイトでは効果的でしょう。

ECサイト運営を成功させるために、ぜひ導入をご検討ください。


▼ECサイト内検索で売上を改善▼

ECサイト内検索で売上を改善

資料ダウンロードはこちら

サイト内検索のオススメ記事


TOP